灘区

このページでは、六甲山、酒造地帯、臨海工業地帯など多彩な顔を持つ、神戸市東部に位置する「灘区」の特徴について詳しく解説しています。土地価格の相場なども紹介していますので、これから灘区に住んでみたいと思ってる方は必見です。

土地の価格相場

灘区の土地の価格相場ですが、2019年令和元年の基準地価は平均30万0071円/m2、平均坪単価は99万1971円/坪です。

灘区のエリア地価ランキングでは、1位の六甲道が最も高く、地価平均で35万5357円/m2、坪単価平均で117万4734円/坪。

2位は新在家で、地価平均32万7750円/m2、坪単価平均108万3471円/坪。

3位は摩耶で、地価平均31万5833円/m2、坪単価平均104万4077円/坪と続きます。

価格帯の中心は2000万円~4000万円ですが、阪急「六甲」駅周辺など阪急沿線の山手エリアなど人気エリアでは、価格7000万円以上で成約することもあります。

灘区の特色

エリアごとに個性や特色が異なる多様な街

灘区の特徴の一つは、各地域ごとに街並みや文化の特徴が異なることです。画一的ではなくエリアごとに個性があって多層的で、引き出しが豊富で多くの見どころを提供してくれます。

山手地域は緑が豊富な住宅街、山麓地域は大学が高校など学校の点在、中央地域は古くからの商店街など庶民的な街並み、下町情緒に溢れる浜手地域、工場が集中する臨海地域など、エリアごとに異なる街並みを楽しむことができます。楽しむだけでなく、好みや感性に合わせて住む場所を選択できるのもメリットでしょう。

快適性と利便性に満ちた住宅都市

地域ごとの多様性もさることながら、街全体の特徴としては、住宅都市としての質の高さも灘区の魅力です。区内を流れる西郷川、都賀川、石屋川を東西に横切る形で阪急、JR、阪神の各鉄道が走り、三宮と大阪へのアクセス良好、市内随一の文教地区として教育環境も充実。

神戸製鋼を中心に臨海部には工業地帯も広がり雇用も安定している印象です。六甲山を背にする山側は閑静な住宅街が広がり騒音が少なく、年間降水量が少ないため湿度が低めで快適に過ごせるなど、安心かつ便利に過ごせる住宅都市としての好条件を備えています。

灘区の歴史

神戸市の東部に位置する灘区の歴史は、遠く弥生時代に発祥を見出せるほど古いものです。当時は全国的に銅鐸が普及していましたが、その銅鐸が灘区の桜ケ丘地区から発掘されており、早くもその周辺に規模の大きな集落があったことが伺えます。

また、現在の海上交通の要衝としての役割は、古代の段階ですでに発揮されており、奈良時代には現在の灘区の南部の沿岸地域が、各地との交流の拠点として機能していたことも分かっています。

行政区としての歴史では、1889年4月が転換点になりました。このときいわゆる「町村制」が実施され、六甲村(現灘区東部)・都賀野村(現灘区西部)・都賀浜村(現灘区西部)の3つの村が一つに統合。

その後、都賀野村は西灘村に、都賀浜村は西郷町へそれぞれ名称変更され、これら3つの町村による1929年4月の神戸市への編入を経て、1931年9月に区制の実施で現在の灘区が誕生します。

その間、現代に至るまで灘区は各エリアの地の利を生かしながら独自の発展を遂げていき、北部は六甲山を中心に観光地として、中央部は市街地や交通機関が走る商業・交通の要地として、沿岸部は臨海工業地域として、それぞれの役割を果たしながら発展を続けています。