北区

このページでは、神戸市北区についての情報をまとめています。地域の歴史や特徴、住みやすさといった、この地域に移住を考えている方であれば誰しも気になることを掲載していますので、ぜひ参考にして、検討材料の一部としてみてください。

土地の価格相場

神戸市北区は文字通り神戸市の北部にある区で、神戸市の区の中では非常に大きな面積を誇っています。ただ、その面積のほとんどは山間部となっており、三宮などへのアクセスは区内の主要エリアを除くとあまりよくありません。

そのため、土地の価格相場については主要駅である鈴蘭台駅の近辺などを除き、市内でも比較的安価になっている傾向があります。

賃貸相場に関しては、すべての間取りで兵庫県の平均を下回る、というデータが出ているほどです。

北区の特色

神戸市の中でも特徴的なエリア

神戸市北区は、神戸・三宮から六甲山を越えた北側に位置しています。山間部にあるためアクセスがやや不便であるだけでなく、寒気が流れ込むことで路面凍結や積雪なども、神戸の主要エリアと比べると多くなっています。

また、坂道が多いのでやや移動はしにくいエリアと言えるでしょう。

なお、神戸市北区の人口はおよそ6割が主要駅である鈴蘭台駅周辺に集中しているので、神戸市北区で利便性を求めるのであれば、このエリアをまず検討することになりそうです。

自然の良さが感じられる

神戸市北区に住む人の声で多いのは、自然の良さに触れられる、という点です。緑が多く、空気が美味しいということで、自然派の人には住み心地がいい場所と言えるかもしれません。

また、アクセス面の問題と言っても、主要駅である鈴蘭台駅から三宮には30分ほどで行けるので、非常に不便というわけではありません。

豊富な自然のもたらす恵み、特に水に関しては非常にキレイで、それらを使った料理やコーヒーなどが非常に美味しい、という声もあります。さらに神戸の中心地に比べると家賃や地価は安いので、ある程度家賃を抑えたいのであれば、この地域に住むのがおすすめと言えるでしょう。

北区の歴史

神戸市北区エリアは、神戸市の中でも三宮などのベッドタウンとして古くから栄えてきました。神戸電鉄が整備されていたこともそれを後押しし、現在では神戸市の区の中でも西区に次いで人口が多いエリアとなっています。

古くは別荘地として開発されてきたこともあり、現在でもその名残を残す邸宅などが見かけられます。自然も多く残る、神戸市の中でも特徴的な地域です。