知っておきたい予算の組み方

家族が満足して暮らせる注文住宅を予算内で建てるためのポイントを解説しています。

注文住宅の予算組みの注意点

注文住宅の建築における失敗の原因のトップは「予算オーバー」です。予算オーバーになることを防ぐためには、家づくりに掛かる費用の概要をしっかり把握しておく必要があります。費用の仕組みを知らないと思わないところで次から次と予算外の費用が出てきて、最終的には大きく予算を上回ってしまうことにもなりかねません。

家造りでは「坪単価」という表現が良く使われます。これは建築費用の大まかな目安にするために、その注文住宅会社がある一定のグレードの住宅を建てるときの1坪(3.3平方メートル)あたりの建築費用を公開しているものです。

たとえば坪単価60万円の場合、40坪(延床面積)の家なら2,400万円ということになります。しかし実際にはこの2,400万円は「本体工事費」と呼ばれる基礎工事の費用のみで、外構工事費や水道負担金、家具工事費などは含まれていない場合がほとんどです。

さらに注文住宅の建築では住宅ローンの手数料や登録料、保険、設計監理費用などの諸経費も別途必要です。掛かる費用の全体の内訳を大まかに分類すると、本体工事費が全体の70%から80%、外構工事や家具工事などの付帯工事費が15%から20%、手数料などの諸経費が5%から10%程度と考えて良いでしょう。

坪単価60万円の注文住宅ならその1.4倍くらい、坪あたり84万円くらいと考えれば失敗も少ないでしょう。

コストを抑えるための工夫

予算内に収めるためにはコストを見直して、削れるところは可能なだけ削る勇断も必要です。それぞれの部分で可能なコストの見直しポイントを上げてみましょう。

間取り

坪単価の計算からも解るように、延床面積が広くなればなるほど建築費用が上がります。延床面積を必要最低限に抑えることは直接建物の本体価格に反映するので非常に効果的です。一体的な空間のある間取りなら家族の距離が近づくだけでなく、廊下の面積を減らせることでその分の予算を別の使い道に回すことも可能です。広々とした空間なら風が抜け、エアコンなしで気持ち良く過ごせるので、省エネにも繋がります。

外装

外装が塗り壁の場合はコストが高くなりがちなので、サイディングに変更して費用を削減することができます。ただしサイディングは塗り壁よりメンテナンスの周期が短いので、最終的には余り変わらない出費になってしまうかも知れません。その時の経済的な状況や将来的な見通しも含めて、慎重に検討することがオススメです。屋根の形は片流れか切り妻といった単純な形にすることでコストを抑えることができます。

設備機器

キッチンカウンターやユニットバス、トイレなどは高機能なものほど、価格は高額です。せっかくの注文住宅だからと最高のものが欲しくなるのは仕方ないことですが、コストを削減する観点からは「必要最低限」を心がけることが大切です。必要な機能はなければ困りますが、使わないと思われる機能にお金をかける必要はありません。こだわりのメーカーがないのならメーカーや品番の指定はせずに、工務店が勧めてくれる設備機器をお願いするのが最も得策です。

内装

建具の価格は建築費用の中で、意外に大きなウェイトを占めています。材質やデザインによって価格に大きな違いがあるのも、建具の特徴と言って良いでしょう。建具のグレードを少し下げてコストを抑えるとともに、床材なども見直すと良いかも知れません。家全体の床面積全てを同じ材質にする必要はないので、リビングなど人が集まる場所は良質な木材を使い、私室などの床材は安いものを使う工夫もコスト削減に効果的です。造り付けの収納を作ってもらうとのちのち良いのですが、箱部分は大工工事、扉は建具工事にしていもらいましょう。

兵庫県の住宅関連助成制度

兵庫県には新築住宅の建築に対して県と金融機関が協力して資金を融資する「兵庫県産木材利用木造住宅特別融資制度(県産木材住宅ローン)」があります。

「県産木材住宅ローン」は兵庫県内に県産木材の木造住宅を建築される際に低金利の融資が受けられる制度で、25年返済までは0.8%、26年返済以降は1.8%、最高2,300万円までの融資が可能です。

平成28年度からは健在木材使用率80%以上に加え、「TajimaTAPOS(但馬テイポス)」技術を使用した住宅の場合、融資限度額が従来よりも200万円アップ。瓦使用で+200万円、環境配慮型住宅で+500万円も上乗せとなるため、最大で3,200万円の融資額となります。

神戸の注文住宅の 費用・税金を知ろう!